中3親が塾の個人面談に行って思ったこと【公立中学校】

地元中学校

こんにちは、KACOです。

中学3年生の子供を持つみなさん、志望校選びに悩んでいませんか?

私は、悩みに悩んでいます。

そんな同じような悩みをお持ちの保護者の方に、
わが家の事を含め書いて行きたいと思います。

 

塾の個人面談に行って・・・

前にも書きましたが、わが家の次女は現在中学3年生。

つい先日、最後の学校行事である『合唱コンクール』が終わったところです。

何と、学年の最優秀賞を受賞し、市内の中学校の大会に出る事になりました♪

本人達は大喜びですが、練習期間が延びたので、
受験生の親としては微妙なキ・モ・チ。

しかも次女は伴奏者なので、個人練習も続きます。

*ーーーーーーーーーーーーーーーー*

話が脱線しましたが・・・

 

塾の個人面談に行ってきました(先生と保護者のみ)

 

この時期に行われるのは、最終の志望校決定という訳ではなく、
少し先に中学校で行われる、個人面談の前に確認しておく事があったから

だと、私は思っています。

 

次女の通う塾は、あくまでも第一志望は『公立高校希望』の生徒が通う塾です。

 

ですから、公立高校の受験対策がメインです。

 

もちろん普段は、学校の考査対策だったり、授業の予習をはじめ、
英検対策などもやってもらってます。

 

県内にしかない塾ですが、横のネットワークもあるし、
地元密着な面倒見の良い塾です。

 

うちの県の高校受験は、今年度まで『前期・後期選抜』を取り入れており、
前期で定員の60%しか合格がもらえません。

 

いくら合格圏内であっても、60%で切られてしまうので、
策略に苦労するんですよね・・・

  • 前期でチャレンジ校を受け、ダメなら後期で1つランクを落とす
  • 前期も後期もチャレンジ校を受ける(滑り止め私立に合格していれば)
  • 前期で確実に受かりそうな高校のみ受ける

など、色々です。

 

長女は中高一貫校なので、高校受験を経験していません。
ですから、私としても未体験ゾーンなんです。

 

塾の先生:「〇〇さん(次女)は、私立はどこを考えていますか?」

私:「A校とB校の二択かな、と考えています。」

塾の先生:「それは、いい選択だと思います。」

 

併願私立校について、こんなやり取りをしました。

 

私立は、あくまでも滑り止め(第二希望)なんですが、
もしもの場合を考えて、現実的に行きたい高校を選びたいですよね。

 

夏休み以降、私立の説明会にも数回参加して、
何となくですがイメージは掴めましたよ。

 

偏差値だけで考えないで、3年間どんな学校生活を過ごせそうか?
通学時間や大学進学率なども考慮した上の結論です。

 

でも今の段階では、娘と私の意見です(^_^;)

 

併願校の私立を決めるに当たり、もう一つ考慮しないといけない事が。

 

受験要項に、中学校の内申点の基準点が載っているんです!

併願にしろ専願にしろ、学校ごとの基準を満たさないと、
受験する事ができません。

 

正確には、受験は出来るかもしれませんが、不利になるという事です。

 

だいたい5教科か9教科で、何点といった感じで決まっています。

次女は、学校の内申点は良いので、併願私立の点数はクリア出来ていました。

 

この内申点は、私立高校に関しては中3の内申点のみでOKです。

(公立なら、中1~中3の途中までの成績で計算します。)

 

高校受験で、先輩ママが口を揃えて言われること、
「絶対に内申点は、中1から疎かにしてはいけない!」なんですが、
今頃になって気付く方も多いです。

 

まだ私立なら、中3になってから、がむしゃらに勉強すれば、
内申点が上がる可能性もあります。

 

でも公立第一希望なら、中3の今頃になってから内申点が足りなくて
受験できいない・・・なんて事になったら悲しすぎますよ。

 

公立希望の方は、中1から内申点は意識しましょう!

 

現段階では、第一志望の公立の決定はしない

第一志望の公立高校については、
塾では「まだ決定するには早い」との事でした。

 

今まで4月、5月、7月、8月と模試を受けてきました。

 

速報で9月に受けた模試の結果も、出ていました。

 

5月、7月の成績が思いのほか良かったので、
8月の模試結果で下がってしまったのが大打撃でした。

 

先生がおっしゃるには、8月は全体的に(塾生)下がったので、
そこまで気にする必要はないそうですが、それにしても・・・

 

志望校判定も、第一志望の高校はC→Eという結果に(-_-;)

 

これは、前期で合格するための判定となるので、
『全体の60%に入れる可能性』という事になりますね。

 

今月に模試がまたあるので、その結果を考慮しつつ
再度考えて本格的に絞って行きましょう!との事でした。

 

目標の高校を、早い時期に下げてしまうと、
そこからの学力上昇に影響があるようです。

 

最初からの第一志望は、高い学校にしておくと、
本人の頑張り方が違うのでしょうね。

 

そういや長女の高校でも、大学受験について同じような事を言われました。

 

第一志望は下げない!譲らない!
という強い気持ちが、受験に勝つ秘策だということですね。

 

面談に行くまでは、今の段階で第一志望の公立高校は諦めて、
1つランクを下げようか・・・と次女と話していました。

 

無理して合格した高校より、余裕をもって入った高校の方が、
入学後に過ごしやすいんじゃないか?と思ってしまったんです。

 

でも、塾の先生のアドバイスでは違ってました。

 

「一緒に学ぶ友達(生徒)は、上の高校の方が切磋琢磨していける。」と。

 

強い意志がある子なら、どこへ行っても間違いないですが、
人は流されてしまう生き物です。

 

周りが一生懸命に頑張っていると、自分も頑張ろうと思える。

 

確かに、一理あるなって感じました^^

 

グループ活動や部活動なんかも同じですね。

 

やる気のないメンバーの中で、1人で「頑張ろう~」と意気込んだ所で、
ついて来てくれる人は少ないかも知れませんが、
やる気に満ちたグループなら「私も一緒に頑張ろう」と引っ張られる気がします。

今は、もう少し公立高校の選定を、保留にしたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

塾の個人面談に行って母が感じた事を、書きました。

 

塾に行かれてる方は、その塾の戦略とかもあるかも知れませんが、
参考になる事があれば幸いです。

 

うちの中学校は、きっと受験指導に関しては期待できなさそうなので、
親の私たちも出来る範囲で情報収集が必要になりますね。

 

受験って、昔とは大違いですね(-_-;)

 

まだまだ、親子共々頑張っていきます。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました