女子の生理痛と対策、受験との付き合いかた

日常生活

こんにちは、KACOです。

女子のお子さんをお持ちの方、女の子特有の痛みについて悩んでおられませんか?

うちにも娘が2人おりますが、この件はずっと悩みの種で・・・

生理痛やPMSの症状に悩まされ、どうしていいものか?本当に悩んでいました。

「テストと重なって、点が取れなかった」なんて過去もあり。

これはダメだと思い、色々と試し・・・

 

今は解決し、通常に生活を送れるようになりましたが、

同じようなお悩みをお持ちの方に、参考になればと思いました。

 

今回は、経験談と共に書いていきたいと思います。

 

生理痛は突然訪れる

思春期の女子なら、誰でも通る道。

いわゆる月経を迎えのは、6年生の時でした。

その頃は、痛みを訴える事もなかったし、まだ安定してなかったんでしょう。

割と普通に、生活が送れていました。

そんな娘も中学に入り、学校生活も忙しくなってきました。

確か、中1の冬くらいだったと思います。

パートが終わりスマホを確認すると、着信履歴に中学校の番号が!!

「何かあったのかな?」と驚いて、折返し電話しました。

私のスマホは、留守電機能をつけていないので、かかってきた理由が分かりません。

「〇〇さんが体調が悪いみたいで、保健室で休ませています。」という連絡でした。

急いで自転車で帰宅し、車で学校まで迎えに行ったんです。

学校に着いた頃には、娘も落ち着いていたし、「貧血かな?」くらいの気持ちでした。

私自身が貧血体質なので、勝手に解釈してたんですよ。

幸い、私は生理痛で悩んだ記憶もなく、母も妹も私と同じタイプでした。

帰宅する車の中では「生理になって、お腹痛くて。」と言ってケロっとしてました。

 

学校での生活

生理痛なんて誰でもあるし、特に中学生だからそんな時期だよね~なんて思ってました。

でもその時を境に、生理痛を訴える頻度が高くなっていったんです。

 

 

 

市販の薬で対応して、何とか学校生活を送っていました。

・・・が、段々ひどくなっているようでした。

しかも、生理が始まると痛むというよりは、生理が来る前の期間がひどかったんです。

  • 気分の低下
  • 吐き気など

不調になるのですが、生理が始まると改善していくんです。

 

調べたところ、PMS(月経前症候群)という文字がヒットしました。

「何それー?」ですよ。

私も一応女性として生きていますが、自分にはない症状です。

理解するにも想像がつかないので、イマイチ対応に困ります。

 

PMSとは、月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。

日本産科婦人科学会HPより

 

HPに辿り着いた時、「あ、これだわ。」って思いました。

まさに症状もぴったり。

ママ友にも生理痛がひどい人がいるので、聞いてみたら、同じような事を言ってました。

学生時代は特にひどくて、「気を失って保健室に運ばれた事も、何回もある。」と。

あらま~、これは大変!!

しかも一番困ったのが、ある考査試験と生理が重なった事があったんです。

1時限の数学の時に、「痛みと気持ち悪さで、全く試験内容が頭に入らなかった。」と。

試験監督の男の先生に「大丈夫か?」と聞かれたけど、試験は続けて受けたそう。

 

結果は、一目瞭然。

 

前回の試験よりかなり悪くて、順位もかなり下がってしまいました。

たまたまだと思いたいけど、毎回そうだったら・・・と考えると怖いですよね。

 

痛み対策と、その結果・・・

生理痛って女子だけの問題ですし、思春期だとなおさら多いみたいです。

学校の異性の先生には言いづらいし、同性でも理解してもらえない先生もいます。

実際に、私も分かりませんでした。

昔職場に『生理休暇』なるものがあって、休みたい女子社員の奥の手的な使い方をしていた人がいたので、余計に信用できなかったというか(-_-;)

(※本当に苦しくて休みを取っている人はもちろんいます!誤解のないようお願いします)

実の娘が、間近でうめき苦しんでいるのを見て、本当につらい人もいるんだなって思いました。

これから、まだまだ試験(テスト)は続きます。

さらに受験日と重なる可能性だってあります。

 

良くなる方法があるなら、と色々調べてみました。

インターネット上で良いとされている方法を、色々と試しました。

 

  • 自分のリズムを知って、気分転換やリラックスする
  • 体を冷やさないようにする
  • 食事に気をつける(カルシウム・マグネシウムを積極的に摂る、カフェインは控える)
  • 漢方を処方してもらう

 

この中で、てき面に効いたものはありませんでした。

藁にもすがる思いで、婦人科の扉をたたいたのは、この後すぐ。

中学生で婦人科に通う子がいるんだろうか?と変な先入観を持ってしまって、
後回しにしてしまったのが悔やまれます。

実際に受診してみたら、心配無用。

もっと早く受診しておけば良かったと思いました。

年配の女医さんで、とっても優しくて感じが良い先生だったんです。

娘も緊張していたし、どうなるかと心配していましたが、そんな不安はすぐ飛んでいってしまいました。

先生がおっしゃるには、

生理も年々低年齢化しており、症状で苦しむ子供が多いんですよ。

中学受験の塾から「女子は婦人科を受診しておくように」と言われ、来られるお子さんもいますよ。

それを聞いて、ビックリしました。

私たちの子供の頃なんて、そういう話題を公にする事はなかったですし、今の子供は大変だなって感じましたね。

結局、処方された薬を飲むようになって、落ち着きました。

賛否両論あり色んな考えがあると思いますが、うちは薬(超低用量ピル)を処方してもらって劇的に改善しました。

あれだけ苦しんでいた症状も収まり、日程が調整ができるのも本人にとって心強いようです。

毎日忘れないように薬を飲むのだけは面倒ですが、それでも取り入れて良かったです。

ちなみに婦人科の先生曰く

「低用量ピルは、昔は避妊薬のイメージが大きいですが、今は色んな婦人科系の治療・予防に使われています。将来妊娠に影響もないので、使わない理由がない。」とおっしゃってました。

  • 生理痛
  • 生理不順
  • 子宮内膜症の改善

他にも子宮がんの予防にも利用されているそうです。

 

個人の使用は危険ですので、必ず専門医や機関を受診して指示を仰ぐようにしてください。

 

薬ではない方法で改善できれば良かったのですが、今後はテストと重なる心配も考えなくていいので、大学受験が終わるまではこのままの状態で行く予定です。

 

大手の中学受験する塾では、塾の先生が「婦人科に行っておくように」と指示される事もあるとか。

確かにまだ小さい小学生が痛みで普段の実力が出せないとなると、受験勉強を頑張ってきた子にとっては痛手ですね。

「そこまでやる?」と思ってたけど、今なら理解できる気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

受験を控えたお年頃、という事で今回は記事に書く事にしました。

当日の試験を体調万全で、受けさせてあげられたら嬉しいですよね。

 

もし生理痛やPMSで悩んでいる、女の子をお持ちのママがいらしたら、

信頼できる婦人科に連れていってあげる事をオススメします。

実際に病院に通い出してからですが、周りに痛みに苦しむお子さんが多い事に気付きました。

近所の知人なら、通っている病院を教えてあげてます。

「教えてくれてありがとう」と何人かのママに言われました。

痛みがあるのは、ママではなくお子さんです。

痛みの基準もないし、数値でも計れません(´;ω;`)

誰に相談していいか分からず、悩んでいる方にお役に立てたら幸いです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました